オトガイ形成

オトガイ形成

オトガイ形成イメージ画像

オトガイ形成とは

オトガイとは顎の先端部位、顎先のことを指します。この部分の長さ、突出の度合いによって、輪郭やお顔全体の印象は変わります。
オトガイ形成術は、オトガイ部分を骨切りで減量したり、中抜きした後に顎の形状を微調節をすることによって、バランスの取れた輪郭、美しいフェイスラインに導く手術です。
顎が長い方、前方へ出っ張っていることを気にされている方、長く四角いあごではなく、小さくほっそりした感じのあごになりたいと思っている方にお勧めできる施術です。

オトガイ形成の術式・方法について

◆水平骨切り法

水平骨切り法はオトガイ部位を水平骨切りした後に、その骨片を移動し固定することにより顎の形態を修正する方法です。オトガイ部位の短縮や前進、左右差の改善が目的です。
手術所要時間は約2時間になります。

水平骨切り法イメージ

◆垂直骨切り法(Vシェイプ形成術)

オトガイ部位中央に垂直の骨切りを行い、部分的に骨を切除し、狭小化させて固定、併せて下顎下縁を切除する手法です。顎全体が細くなり、小顔効果を得ることができます。シャープなフェイスラインをご希望の方にお勧めです。
手術所要時間は約2時間になります。

垂直骨切り法(Vシェイプ形成術)イメージ

◆オトガイ減量法

先端部切除法は、オトガイ部位の先端のみを骨切りし、顎を短く小さくする手法です。オトガイ部位の短縮が目的です。
手術所要時間は約2時間になります。

オトガイ減量法イメージ

手術の流れ

診察

診察では皮膚の症状や下顎の状態・形を確認させていただき、手術方法、効果とリスク等についてご説明いたします。 事前に十分な打ち合わせを行い、顎モデル作成等を含めて診察時に丁寧にご説明いたします。

麻酔の選択

静脈麻酔あるいは全身麻酔ですが、日帰りが可能です。

術前検査

内科検診、3D-CT、MRI、CT、レントゲン、血液検査を受けていただきます。
※手術が決定したら禁煙していただきます。

術後について

・静脈麻酔あるいは全身麻酔ですが、日帰りが可能です。術後少しお休みいただき、落ち着いたら帰宅できます。
・抗生物質と痛み止めを5日間内服して頂きます。
・洗顔、シャワーは手術翌日から可能ですが、入浴は術後7日目まで控えて頂きます。
・飲酒、激しい運動は術後7日目までお控えください。
・翌日よりメイクが可能です。
・個人差はありますが、術後3~4日目まで痛みがある場合があります。
・腫れは3日間がピークとなり、術後7日目頃まで腫れる場合があります。
・土曜日に手術を行い、2日後の月曜日に傷のチェックを行います。
・術後に血腫、出血斑、感染、腫れなどのリスクが生じる場合があります。
・定期診察は手術翌週、術後1ヶ月、3ヶ月、半年です。手術1ヶ月後には3D-CTの撮影も行います。(※モニターの場合は別途定めた日数の通院が必要となります。)

オトガイ形成 料金表

ブログ

サテライト

for English

銀座すみれの花形成クリニック Twitter銀座すみれの花形成クリニック インスタグラム銀座すみれの花形成クリニック フェイスブック

美容整形 モニター募集